おしらせ

【元住吉園】4月よりレッジョ・エミリア教育を本格導入します

【保育ルームClover】では、子どもの自立性・創造性・問題解決能力などの非認知的能力を育むことを目的に、昨年より随時レッジョ・エミリア教育を導入してきました。既にスタートしている【綱島園】に続き、ついに今年4月【元住吉園】でもレッジョ・エミリア教育を本格導入します。

レッジョ・エミリア教育とは?

イタリアで生まれた歴史ある幼児教育理念であり、1991年にアメリカの週刊誌『ニューズウィーク』に、世界最高峰の幼児教育の一つであると取り上げられる等、いま世界で最も高く評価されている幼児教育です。
世界中の多くの幼児教育の現場で取り入れられており、世界銀行やGoogle社やDisney社などの社内プリスクールでも導入されています。

レッジョ・エミリア教育の成りたち

第二次世界大戦終戦直後、レッジョ・エミリアの近くにあるヴィッラ・チェッラ村の人々は、戦争で破壊された建物からレンガや石を集めたり、ドイツ軍が残した戦車を売って資金を集め学校を建て始めました。
地元の教員・社会心理学者だったローリス・マラグッツィはそれを見て感動し、ローマで教育心理学を学びます。その後マラグッツィは市当局と協働し、1963年に公立として初めての幼児教育施設を開きました。これらの施設で行われている教育が、現在レッジョ・エミリア教育と総称されています。
レッジョ・エミリアの景観
EPSON DSC picture

レッジョ・エミリア教育の4つの特徴

子ども中心(Child-Centered)

日本では、教育というと「先生から生徒に教える」という構図を想像しがちですが、レッジョ・エミリアでは、子どもを“一人の人間”として接することが前提です。子どもが嫌だということに対してはその意思を尊重し、好きな気持ちを大切にします。また、年中行事やスケジュールをきっちりと決めるよりも、子どもたちの感覚でプロジェクトを進行することが優先されます。つまり、だいぶのんびり・ゆったりとした雰囲気で子どもの保育にあたることになります。

②出現性カリキュラム(Emergent Curriculum)

大人が子どもに対してカリキュラムを与えるのではなく、子ども達の興味に則してカリキュラムを組んでいきます。 例えば、外で虫を見つけて子どもが大喜びしている場合、 「この虫はトンボだよ」と教える前に「この虫は何を食べているのかな?」といった質問をします。この質問に対して「葉っぱ!」「土!」「シャボン玉!」などと答える子どもがいたら、「どうして?」と聞きます。そこからどんどん展開していき、アートのプロジェクトを行ったり、虫に関する本を読んだりすることが、出現性カリキュラムです。

質問する子ども

③ドキュメンテーション(Documentation) 

「保育の活動記録の見える化」という意味です。 子ども達がプロジェクト活動で学んだことや、その過程である話し合いの内容などを写真や動画、メモなどで記録し、誰でも閲覧できるように展示します。これによって、保育士だけではなく子ども達もこれまでの過程を振り返る事ができ、次の学びにも生かすことができます。

④プロジェクト型保育( Project) 

レッジョ・エミリア教育では、「何かを為すことによって、子ども達は学びを得る」という信念に基づいています。出現性カリキュラムが一過性の瞬間的なカリキュラムであるのに対して、いったんプロ ジェクトとして成立した活動は、数ヶ月間に渡ってじっくりゆっくりと進行されます。保育士は、プロジェクトの立案時に子ども達がどのような学びを経験するか、そのためにどんな質問や材料が有効かを事前に考えて準備します。

プロジェクトの様子

レッジョ・エミリアの可能性

レッジョ・エミリアのアプローチは、どこの国、地域でも同じ手法がとられるわけではなく、それぞれの文化や言語が非常に重要となります。
日本の輪を重んじる文化や礼儀作法、おもてなし精神、そこにそれぞれの個性や、表現力などが備われば、世界でもトップクラスの個々の能力を持った国になれるのではないでしょうか?
レッジョ・エミリア教育は世界中の教育者から、「未来の教育のあり方の見本」と言われていますが、日本ではまだまだ定着していません。
この考え方を日本中にもっと広め、保育士たちが“指導”ではなく、“見守り”を意識した保育を行うことで、子ども達の可能性を無限に広げることができると信じています。
アートの様子

【保育ルームClover】では、AIの台頭などにより現在とはまったく異なる社会環境が想定される20年後の未来に、世界で幅広く活躍できる人材を育むために、非認知能力やコミュニケーション力、想像力、発想力の育成に力を入れています。子ども主体の保育や、“しつけ”ではない“見守る”保育、レッジョ・エミリア教育にご興味があるかたは、ぜひ元住吉園に見学にいらしてください。